容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ダルビッシュと紗栄子が一緒にデートって

  1. 2011/06/28(火) 22:32:42|
  2. 野球|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
現在活躍中のプロ野球・北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手ですけど、奥さんの紗栄子夫人との離婚協議中なのも有名です。
シーズンが始まる前はずいぶんこの話題で芸能ニュースを騒がせましたよね。
ダルビッシュ投手の女遊びが原因だとか、紗栄子夫人の方が夫をほったらかして遊び歩いている打とか色んな噂が流れました。
どれも眉唾ものの話ですけど、離婚に向けて協議中なのは確からしく、紗栄子夫人がその旨発表していました。
そのダルビッシュ夫妻が、6月の中旬に六本木ヒルズで一緒にショッピングに行っていたことが女性週刊誌に掲載されています。
2人は周囲の目を気にすることも無く、生活雑貨店や子供服店などでショッピングをしていたそうですけど、あまりに目立つ2人だけにかなり周りの目を引いていたようです。
離婚協議中でのこの行動、いったいどんな意味があったのでしょうか。
まさかここに来て離婚取りやめなんてことはないですよね。

離婚協議中のダルと紗栄子 六本木ヒルズで買い物デート
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/513932/


エフキュアヘアカラートリートメント
漫画 大人買い
はちみつ青汁

清原のスキャンダルが夫人に与える影響

  1. 2009/06/15(月) 21:59:44|
  2. 野球|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
現在発売中の「週刊現代」に報じられたのが元プロ野球選手で、現在は野球評論家の清原和博(きよはらかずひろ)氏の隠密旅行騒動。
評論家としてWBCやF1などの仕事で向かった遠征に40代の銀座ママを同行させていたというものです。
野球選手時代は‘番長’と呼ばれ、怖いもの無しでスキャンダルも多かった清原氏ですから、これぐらいはまぁあるだろうと驚く人も少ないでしょう。
でもこの報道により、一番影響を受けるであろう人は、清原氏本人よりも、亜紀夫人ではないかと言われているそうです。
と言うのも亜紀夫人は現役時代は清原氏の体調管理に気を配り、更には子育てもおろそかにせず、長男は慶応幼稚舎に合格するほどでした。
そんな亜紀夫人は最近流行のセレブ主婦タレントとして脚光を浴び、女性ファッション誌の表紙を飾るほどに。
しかし今回のスキャンダルが亜紀夫人の仕事に与える影響はかなりあるのではないかと言われているのだそうです。
ありえるかもしれませんね。

野球評論家・清原和博の“隠密旅行”が亜希夫人に与える影響
http://news.livedoor.com/article/detail/4200467/


楽天市場 人気商品
ヘアスタイル 流行
通販激安口コミ通信

WBCは日韓戦ばかり

  1. 2009/03/23(月) 23:29:44|
  2. 野球|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
第2回ワールド・ベースボール・クラシックの第2ラウンド決勝は日本は韓国と対戦、6対2で勝利しました。
まぁこの試合だけを見れば、攻撃も守りも頑張ったいい試合だとは思うのですが、今回の日韓戦はWBCが始まってから同じ相手との4度目の試合です。
なんか不思議な感じがしますよね。
普通のトーナメントなら負けたら終わりのような気がします。
リーグ戦でも総当りで、同じ相手と試合をすることはないのではないでしょうか。
なぜこんな複雑な対戦方法になったのでしょうか。
どうも今回のWBC、盛り上がっているのは日本と韓国がダントツのようなのです。
となると少しでも多く試合をさせたほうがテレビ局は視聴率が取れるし、大会自体も活況を呈します。
実際日本の試合は東京ドームは満員だったのに対して第2ラウンドの試合はかなり観客が少ない感じがしました。
まぁアメリカの試合じゃないから当然と言えば当然ですが。
しかし少しでも試合数が多いほうが興行的にもいいような気がします。

WBC:韓日戦での敗北で得た教訓
http://news.livedoor.com/article/detail/4071539/


粋なコールハーン(Cole Hann)のエコバック
ガン細胞 食事療法
携帯メール配信

イチローの不振は作戦?

  1. 2009/03/13(金) 23:52:04|
  2. 野球|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
第2回WBCの東京ラウンド。
日本は宿敵・韓国に7回コールドで圧勝しました。
韓国には前回のWBCでも、昨年夏に開かれた北京五輪でも煮え湯を飲まされていましたから、今回の勝利はまさに歴史的と言っても過言ではありませんね。
しかし今回のWBCほど始まる前にいろいろと騒がれたのはなぜなんでしょう。
夏の監督選びあたりからいろいろとモメていました。
その後やっと選ばれた原監督のもと、連覇に向けて一丸となっていくのかと思いきや、今度はいきなり候補となった選手が辞退したりとケチが付きました。
それでもなんとか選手は決まり2月には宮崎県で合宿。
しかし前回同様戦力として期待されていたイチロー選手の調子が思わしくなく、結構やきもきさせられました。
本来の打順である1番ではなく3番だったことも影響したのでしょうか。
しかしいざ韓国戦が始まるとイチローの活躍はたいしたものでした。
しかも今度の打順は1番です。
もしかしたら全て作戦だったのかもしれませんね。

イチローへこんだ…実戦16打席快音なし
http://news.livedoor.com/article/detail/4048180/


渋谷
セリーヌ(CELINE)の口コミ・評判
人気 財布

DTIブログって?