容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

原発はもう廃止したら

  1. 2011/07/15(金) 14:21:10|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
福島第一原子力発電所の事故に端を発した日本各地の原子力発電所の稼動問題。
なんだか揉めに揉めていますね。
絶対に安全だと国が言っていたにもかかわらず事故が起きてしまったわけですから、どんなに言葉を尽くしても信用できるものではないでしょう。
原発を作ることで多額のお金が落ちる県や当該自治体ならともかく、何のメリットも無く、ただ住民に不安を与えるだけの周辺自治体にとっては原子力発電所は危険で無用なものでしかありません。
原子力発電以外の発電方法なら、CO2を排出したり環境に対する影響はあるものの、一旦事故が起きてもその範囲は限定的です。
原子力発電所での事故が万が一起きた場合、どれだけ人間の手に余るものなのか、そしてどれだけ多くの場所に被害をもたらすものなのか今回の事故で十分わかっています。
それでも原発は必要なものなのか、人の命とお金と、どちらが重いのか、真実がこれでわかるのかもしれません。

原発 新ルールでも再稼働見通し立たず
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/517524/


しみ オールインワンゲル
http://pet.s372.xrea.com/
ガストのバイトってどうなの?

義援金はどこに

  1. 2011/06/08(水) 08:42:44|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
東日本大震災を受けて、各地で行われたチャリティーイベントや義援金の募金活動。
その動きは日本だけにとどまらず、世界中から多額の義援金が寄せられています。
日本赤十字と中央共同募金会に寄せられたそれら義援金の総額は2513億円にものぼるといわれています。
その義援金のうち、被災した15都道県に送金されたのは約3割のわずか822億円にとどまり、残る1691億円はいまだこの二つの団体の元にあるんだそうです。
少しでも早くと義援金を寄付した人はこの事態にどう思っているんですかね。
なんでもこうなった理由は日赤や15都道県などでつくる義援金配分割合決定委員会日赤や15都道県などでつくる義援金配分割合決定委員会が震災後の4月に被害ごとの基準を決めたとき、あとになって義援金が不足する事態を避けるために被害を最大限に見積もったことが原因なんだそうです。
なるべく正確な数値で迅速に配分すべきじゃなかったんですかね。

義援金送金まだ3割、残高1691億円
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/510851/


洗顔石鹸 人気ランキング
プラセンタ 通販
ニキビケア 男

原発事故の原因調査

  1. 2011/05/28(土) 09:48:04|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
後出しジャンケンのように次々と「実は」の事実が出てくるのが福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故です。
メルトダウンは起きていないとか格納容器の破損はありえないとか散々言っておきながら、今になって事故が起きてすぐにメルトダウンがあったり、格納容器の破損がありえたと発表がありました。
そのとき知りえなかったからだという話ですけど、本当なのか気になるところです。
パニックを防ぐためにあえて公表しなかったんじゃないでしょうか。
だとしても国民を欺いたとしたら、今後東京電力が言うことは誰も信用しなくなってしまいますよね。
確かに、今にならないと事故に関してわからないことも多いでしょうけど、今後は正確で確実な情報を迅速に発信して欲しいものです。
事故当初から「想定外」の話ばかりで、何を想定していたのかがよくわかりませんが、原発事故の収束作業も続けながら、徹底的な原因究明に努めて欲しいと思います。

3号機、地震で配管破損か 東電解析結果で判明
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/508640/


胎盤エキス サプリ
ゴーヤ 栽培方法
イーモリジュ 口コミ

外に出る人がいなくなる?

  1. 2011/05/17(火) 20:02:32|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
福島第一原子力発電所で事故があり、放射性物質が外部に漏れ出しました。
自己の収束はいまだにいつになるのかわからない状況で、漏れ出した放射性物質の影響範囲も広まるばかりです。
各地の水や農作物、水産品から検出される放射性物質に対する対応はこれからどうするんでしょうね。
そして何より気になるのが既にばら撒かれてしまった放射性物質による人体への影響です。
基準値をどうするかいろいろと揉めていますが、たとえ基準となる数値が決まって、その基準値以下の放射線が検出されたので大丈夫だと言われても、不安は残ります。
何かあっても誰も保障してはくれないですからね。
こう考える人は多いんじゃないでしょうか。
だとすれば屋外で活動するのを控える人も多くなると思います。
原発周辺の地域では、外で遊んだり、屋外での作業をする人がいなくなってしまうのではないかと心配されます。

放射線、基準内でも高ければ屋外活動禁止を 福島県弁護士会
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/506489/


生理痛 鎮痛剤
便秘解消
便秘解消法 ぽっこりお腹

DTIブログって?

次のページ