容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

槇原敬之が松本零士から賠償金

  1. 2008/12/31(水) 09:39:37|
  2. 気になったニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
かつてシンガーソングライターの槇原敬之(まきはらのりゆき)さんが、漫画家の松本零士(まつもとれいじ)さんから「銀河鉄道999」のセリフを歌詞に無断使用されたということで話題になりましたよね。
槇原さんはこれに対して名誉を傷つけられたとして2200万円の賠償を求める訴訟を起こしましたが、その判決が12月26日にあり、松本さんに対して賠償金220万円の支払いを求める判決が出ました。
名誉を傷つけられたという主張が一部認められたということになるんですかね。
槇原さんが作った『約束の場所』の歌詞にある「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」という部分が銀河鉄道999の「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」というセリフを使用したということで起こったこの問題ですが、訴訟時に同時に求めた「著作権侵害でないことの確認」については棄却されたことから、名誉は傷つけられたが、著作権侵害かもしれないという判断になるのでしょうか。

槇原敬之へ松本零士から賠償金220万円の判決下る
http://news.livedoor.com/article/detail/3955539/


ホームヘルパー給料
家庭菜園と除草剤
低giとは
社会保険労務士試験
ハローワーク姫路

嵐の中国公演はトラブル続出

  1. 2008/12/25(木) 09:31:28|
  2. アイドル|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
今年、最も活躍したジャニーズのグループと言えば、嵐かもしれません。
ドラマやバラエティーとあらゆる分野でその姿を見かけました。
歌の方もずいぶん売れたみたいですしね。
そしてそんな忙しい中でも東京、韓国、台湾、上海とアジアツアーを行い成功を収めました。
これからはアジアの中でも大いに活躍するかもしれません。
ところでこのアジアツアーの上海で行われた中国公演はトラブルが続出だったそうです。
そのことについてメンバーの松本潤(まつもとじゅん)さんがラジオで語っていました。
それによると、開場時間が大幅に遅れても開演時間は変更できなかったそうで、着席していないお客さんがいる中、始まってしまったりしたそうです。
また、リハーサルの最中、すぐ横で就職説明会が開催されておじさんがたくさんいて驚いたとか、その会の機材のためにコンサート用の電源を抜いてしまってたりだとか、日本では考えられないことばかりだったようです。
さすが中国って感じですよね。

松本潤、中国コンサートにびっくり&不満爆発!?
http://news.livedoor.com/article/detail/3951805/


激安通販
会社設立
トイカメラと現像
法事 金額
ネットdeOK! 情報館

M-1の審査結果についてオール巨人が説明

  1. 2008/12/24(水) 09:23:46|
  2. お笑い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
2008年のM-1グランプリはNON STYLEが優勝という結果に終わりました。
NON STYLEは一夜にして人生が変わってしまったようで、テレビや雑誌のオファーがものすごいことになっているみたいです。
それだけ権威が出てきたM-1グランプリ。
これも毎年言われていることですが、この審査方法をめぐってもいろんなことが言われているみたいです。
今年は敗者復活からの優勝は無い予定だったのでオードリーは優勝できなかったとか、吉本興業から優勝者を出す予定だったとか。
全て憶測にすぎないことで、根拠の無い話です。
そんな中、今回審査員だったオール巨人さんはご自身のブログの中で審査について解説しています。
それによると審査は完全に個人で行われたこと、また会場とテレビでは印象がかなり異なることなどが丁寧に説明されています。
非常にわかりやすいのですが、漫才のチャンピオンを決める大会ならば、審査員も年齢や職業などいろんなジャンルの人を集めた方があらぬ誤解を受けなくていいような気がしました。

「M-1」審査員のオール巨人が総評公開「3組の差はほとんどない」。
http://news.livedoor.com/article/detail/3951774/


湯たんぽ 効果
ニトリ 学習机
fxプライム デモ
ベトナム株の情報
ワクワクお買い物リンク集

実写版「ドラゴンボール」が酷評

  1. 2008/12/23(火) 22:55:27|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
ついに予告編が公開された来年公開予定の実写版映画「ドラゴンボール」。
見てみてこれはひどい!と思ったのですが、そう思ったのは私だけでは、いや日本人だけではなかったみたいですね。
ドラゴンボールのコミックやアニメは、今や世界中にファンがいる人気作品です。
それだけにこの映画化、当初からハリウッドがくだらないストーリーとキャストをCGでごまかして作るのではないかと言われていましたが、なんだかその通りみたいで、これに憤慨するファンが世界中で不満の声を上げているようです。
良くも悪くも話題にはなる作品ですから、それなりに観客の動因は見込めるのかもしれませんけどね。
事実、駄作とわかっていても見に行くというけなげなファンもいるみたいですし。
各国の反応は7割が批判だったようですが、実際に全編を通して見ないで批判していいものかとう声もあるようです。
果たして予想通りの駄作で更に不満の声を世界中に高めるのか、今から気になります。

実写版「ドラゴンボール」に世界から酷評、翻訳まとめ動画が話題に。
http://news.livedoor.com/article/detail/3949331/

DTIブログって?

次のページ