容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

美川憲一紅白落選

  1. 2010/11/30(火) 09:12:05|
  2. テレビニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
今年のNHK紅白歌合戦の出場歌手が発表になりましたね。
今年は出場歌手の数が減って、昨年まで出場していても落選する歌手がいましたが、中でも目立ったのが美川憲一(みかわけんいち)さんの落選でした。
美川さんは今まで紅白に26回も出場しており、特に1991年からは紅組の小林幸子(こばやしさちこ)さんに対抗するように豪華な衣装で出場してきたことが話題になっていました。
NHK側も出場する順番をあわせて豪華衣装対決を煽ってきていましたけど、もうこれも見られなくなるんですね。
このところ歌う曲も「さそり座の女」を毎年歌っており、ヒット曲が無いことが落選の理由なのかもしれませんが、それを言えばヒット曲が無いにもかかわらず選ばれた歌手もいますから落選理由にはならないかもしれません。
美川さんは「来年からまた頑張ります」と前向きなコメントをしていましたが、毎年楽しみにしていたファンからするとちょっと寂しい気もします。

美川憲一が落選…“衣装対決”自体をNHK否定
http://news.livedoor.com/article/detail/5162476/


ビーグレン 評判
白髪 部分染め
フラコラEX

レコ大はK-POPとエイベックスだらけ

  1. 2010/11/29(月) 09:16:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
第52回日本レコード大賞の優秀作品賞や新人賞が発表になりました。
ここから年末のレコード大賞、最優秀新人賞などが選ばれるわけです。
かつて日本レコード大賞といえばその年、最も活躍し、売れた歌手が受賞する権威ある賞でしたが、今ではその威光はまったくと言っていいほどなくなってしまいましたね。
売れていない曲を優秀作品にしたり、大手芸能事務所による出来レースだと思っている人も多いんじゃないでしょうか。
2007年はバーニングプロダクションと研音が推していたコブクロが受賞し、まぁこれは売れていたからいいようなものの、2008年、2009年はエイベックスが推すEXILEが受賞しました。
EXILEが人気が無いとは言いませんが、売れた曲ってそんなにありましたかね?
そして今年もEXILEが受賞するだろうと言われているそうです。
また、新人賞にはICONIQや少女時代などK-POPの歌手も名を連ねていますが、それほど売れたんでしょうか。
どんどん形骸化している気がします。

レコ大は今年も完全デキレース!? 韓国勢の猛攻と「売れてないのにナゼ?」のエイベックス勢
http://news.livedoor.com/article/detail/5158420/


ダイエットドリンク ランキング
日通 単身パック
コラーゲン 粉末 ランキング

テコンドーの試合が台湾の反韓感情を刺激

  1. 2010/11/26(金) 09:07:09|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
台湾で反韓感情が高まっているんだそうです。
その理由は先に広州で行われたアジア大会における女子テコンドーで台湾の楊淑君選手の試合のためなんだとか。
49キロ級予選1回戦で行われたこの試合、優勝候補のひとりでもあった楊淑君選手は9対0と圧倒的にリードしていながら、試合終了12秒前に反則で没収試合となり負けてしまいました。
なんでも規則に反した靴下を履いていたのがその理由らしいのですが、オフィシャルな物を使っていたにもかかわらず反則を取られた楊淑君選手は納得がいかず、試合場を離れませんでした。
この結果に対して台湾でかなり問題視されたようです。
というのもこのクラスの優勝候補に中国人選手がおり、審判団に中国人がいて自国の選手を勝たせるための陰謀説が出ていたからです。
でもなんで反韓感情が高まるのでしょう?
どうやら審判が韓国系のフィリピン人だったことがあるみたいです。
この反韓感情は台湾で活動する少女時代にまで飛び火しているそうです。
けっこう大事になっているんでしょうか。

台湾の反韓感情、少女時代に飛び火?
http://news.livedoor.com/article/detail/5155221/


発毛レーザーブラシ
乱視のトレーニング
パンベシュ プラセンタドリンク 口コミ

渡部陽一が戦場のテントのほうがいいと思ったとき

  1. 2010/11/22(月) 09:16:08|
  2. 気になったニュース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
今、大ブレーク中の戦場カメラマン・渡部陽一(わたなべよういち)さん。
その独特のゆっくりした口調は多くの人が真似していますが、渡部さんが人気なのはその口調だけでなく、にじみ出てくる人柄の良さがあるのかもしれません。
多くの番組に出演し、なぜ戦場カメラマンの仕事をしようと思ったのか、そして世間一般には知られていない戦争の悲惨さなどを語っていますが、それだけでも渡部さんのやっていることには価値があるような気もします。
そんな渡部さんですが、過酷な戦場から日本に戻ってきて、『戦場のテントの小さな灯りの方がまだましだ』と思った事があったそうです。
なんでも長期間家を開けて紛争地域の取材を行い、家に戻ってきたところ、滞納のために電気もガスも水道も止まってしまっていたのだとか。
そのため、灯りもつかない真っ暗な部屋で戦場のテントのほうがいいと思ったんだそうです。
確かにようやく帰ってきて電気もつかなかったら気分は暗くなりますよね。

【エンタがビタミン♪】「戦場のテントの方がイイ」。戦場カメラマン渡部陽一が日本で受けた過酷な試練。
http://news.livedoor.com/article/detail/5146898/


クレンジング ランキング
ニキビケア 男
フラセラ正規通販サイト

DTIブログって?

次のページ