容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

本当の賠償額はいくらに

  1. 2011/04/27(水) 00:28:19|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
福島第一原子力発電所で起きた事故は、今のところ収束の兆しが見えていません。
というか、事故当時からどんどん被害は拡大しているいますよね。
今になって事故の規模はレベル7だと言われると、国や原子力保安院、東京電力の発表は信じることができなくなっています。
こんな中で、東京電力が収束に向けた行程表が発表されましたが、この行程表もどこまで信じてよいやらわからない代物といった印象を受けます。
避難している人は一刻も早く戻りたいでしょうけど、この行程表どおりでも今年いっぱいは無理そうですし、そもそも事故の収束の行程表であって、放射線量が住んでもよいほど下がるまでの行程表ではありませんから。
そんな避難者に対して仮払金が払われるようですが、この仮払金は本当に一時しのぎの金額でしかないようです。
避難した人、放射性物質の飛散で損害を受けた農業、漁業、観光業とそれに付随した産業に従事した人を全て考えると天文学的な金額になるんじゃないでしょうか。

東電、賠償金請求書を配布 福島の避難所で
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/503395/

馬プラセンタ
コーヒーメーカー ランキング
おいしい水

元に戻るのはいつ

  1. 2011/04/24(日) 20:14:45|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
事故が起きた福島第一原子力発電所。
事故から1ヶ月以上がたった今でも、予断を許さない状況が続いています。
いったいいつになったら収束するのでしょうか。
東京電力は収束に向けた行程表なるものを発表しましたが、この行程表を見ても事故に対する対応の行程しか書いておらず、いつになったら避難した人が元の場所で暮らすことができるようになるのかなんて書いてありません。
そもそもかなりの放射性物質が検出される原発近くの土地に、果たして人が昔と同じように住めるようになるのでしょうか。
避難した人にしてみても、戻りたいという気持ちとは別に、戻るのが恐ろしいと考えている人もいるかもしれません。
国や東京電力はこういった避難者に対して、こまかく保障していかなくてはなりません。
しかし、そんなことができるのか甚だ疑問です。
事故で住むところを追われた人たちの問題は、ちょっとやそっとでは落ち着くことはないんじゃないでしょうか。

人影消えた20キロ圏「若い人は戻ってこないよ」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/503004/


アルビオンのファンデーション
バス釣り 琵琶湖
エンゼル布おむつ

なぜ発表が遅れたか

  1. 2011/04/22(金) 23:47:48|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
レベル7と発表された今回の福島第一原子力発電所の事故レベル。
原子力保安院はなぜ今になってこの発表をしたのでしょうか。
東京都内で検出される放射線量が平常値と同じになってきていて、各地でも安定している状況になった今だからこそ発表したのかもしれません。
そもそも、3月中にレベル7相当だということはわかっていたそうなのに、混乱を避けて発表をずらせたような感じがします。
ということは、ウソの発表をしていかにもチェルノブイリの原発事故ほどじゃなく、スリーマイル島の事故のレベルでもないようなことをマスコミを通じて発表し続けたことになります。
どんな理由があろうとも、国民を欺いたことは何らかのペナルティーが課されてもいいんじゃないでしょうか。
こういったことがあると、今後同じように何らかの発表が原子力保安院からあるたび、それはウソなんじゃないかと疑ってかかってしまいそうです。
失墜した信用は戻すのが難しいでしょうね。

福山副長官、レベル7発表で「遅かったのは反省しなければいけない」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/502391/


食べるコラーゲン
明日葉 青汁
エイジングケア 基礎化粧品

首相が行っても

  1. 2011/04/19(火) 22:57:57|
  2. 社会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
東日本大震災から1ヶ月以上たちますが、いまだその被害の全容は明らかになっていません。
津波で水没した地域の調査はまだまだかかるでしょうし、福島第一原子力発電所の事故はこれからまだ被害が拡大しそうです。
復興には長い時間がかかることが予想されますが、地元の人たちにとっては辛い時期が続きます。
こういうとき、多くの支援が必要なんでしょうけど、何が必要で何が不必要なのかはよく見極めなくてはなりません。
よく政治家が無意味に被災地に赴いて、かえって邪魔にされたり、文句を言われたりしますよね。
4月10日に菅首相が宮城県石巻市を訪れたのはその典型のような気がします。
わざわざ行って何をしてきたんだという意見が多数のようです。
被災者にしてみれば、今回の国の対応と今後の予定について問いただしたいところだったのでしょうけど、何も明確にせず立ち寄って帰ってしまったそうです。
自分で行こうと思ったのか、それとも行かざるを得ない状況だったのかどっちなんでしょう。

「がんばれしか言えないのか」首相視察の石巻で不満の声
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/501744/


復縁マニュアル 感想
せどりismコンプリート
30代転職 未経験

DTIブログって?

次のページ